友禅染は日本の代表的染技法のひとつ。江戸時代の画家・宮崎友禅の画風を、小袖など着物の文様に応用したのがはじまりです。永楽屋細辻伊兵衛商店で用いるのは、図案をもとに型紙をつくり、それを生地の上に置いて染める型友禅。伝統技法に則り、丁寧に手染めします。一色につき一枚の型で染めることから、多色使いの文様では何枚もの型を要します。複雑で多彩な文様を鮮明に染め出すには、熟練の職人技が必要です。

01. 調色

職人の経験と細かく管理されたデータに基づき色を調合し、ふのりと混ぜ合わせます。同じ色、同じ濃度で文様を染めるには、この調色も重要な工程。気温や湿度も踏まえ季節に応じて濃度を変え、生地に乗せやすい硬さに調整します。

02. 地張り

25mの染め板に生地を張ります。少しでもずれたり空気がはいったりすると染めムラや版ズレにつながります。生地を引っ張りながらまっすぐに張るのは技の要る作業です。

03. 型染め1

生地の上に型を置き、細長いヘラ状のはけを上下させ一気に染めていきます。左右の手に均一の力をかけ一息で一色を染め上げます。地色の白も真っ白ではなく、ニュアンスのある上品さが特徴です。

04. 型染め2

地色を染めた後、次々と色ごとの型を置き同じように染めていきます。版ズレがおきないよう慎重に型を置きます。

05. 染め上り

染め上がった生地は、14世細辻伊兵衛が確認。一カ所も色ムラや版ズレがないことが永楽屋細辻伊兵衛商店の基準です。

06. 後処理

染めあがった生地は干した後、蒸して水洗いし、乾燥させて手ぬぐいの長さに切って整えます。干し→蒸し→水洗い→乾燥→整理→完成